お客様の声
助成金を活用することで、雇用関係や労務問題も整い、
まさに一石二鳥です!
一般社団法人ファシリカ(就労移行支援事業所ファシリカ高崎駅前)
代表理事 市村元一様
市村代表、今日はよろしくお願いいたします!
まずは御社のお仕事について詳しく教えていただけますか?
弊社は群馬県高崎駅近くで、約5名のスタッフで「障がい者の就労移行支援事業」をしています。特に近年はメンタルヘルス不調でなかなか働けない方がメインになってきています。地域密着型で地元のお客様に愛される事業所を目指しております。
飯塚を知るきっかけはどのような事だったのでしょうか?
会社を設立したころから助成金のことは調べていたんですが、なにせ助成金って種類が多い。そこで専門家を探していたところ、加盟している社会福祉支援研究機構の専務理事の方から紹介していただきました!
どんな助成金にチャレンジしたのですか?
創業時だったので、最初の社員雇用の際、契約社員から正規雇用すると支給されるキャリアアップコースをベースにして、それに人材育成のための半年間の研修に使える助成金などをアドバイスに基づいて申請し、2019年に約150万円支給されました。
その後社員も増えてきたので、今後も人材育成と合わせて申請を考えています。
特に弊社のような事業では利益率が低く、実際に営業利益150万を出すとなるとその十倍ほどの売上が必要になりますから、とても助かっています。
実際に助成金を申請してみていかがでしたか?
依頼したことで、良かったこと解決したことなど具体的に教えて頂けますか?
一番は課題だった雇用問題が解決したことです。
飯塚先生は労働局でコンサルタントをやっていたこともあり「労務管理」「従業員トラブル」も得意で、いろいろお知恵を貸していただき、なんとかトラブルを事前に解決できてきました。
いまではスタッフ一同仲良く一丸となって頑張ってます。

助成金申請では賃金台帳や勤怠管理表など、申請に必要な書類は揃えたのですが、その他の書類はしっかりと揃えてくれて「ハンコをここに押してください」という感じだったので、大変にラクでした(笑)。
最後に、助成金を現在申請しようと考えている社長さんたちにメッセージをお願いします。
助成金ってこんなに素晴らしいのに、やっぱりまだまだ知られていないことが多いんです。
同じく社長をやっている友人はもちろんですが、金融関係の役員まで知りませんでしたから。
もちろん助成金の内容は年によって変わりますが、無くなることはないですし、特にこれから創業する人にとって素晴らしいサポートになることは間違いありません。ぜひたくさんの人に活用してもらうことを強くオススメします。
お問い合わせ
Contact
お電話でのお問い合わせ
営業時間 9:00~17:00 ( 休業日 土・日・祝日 )