お客様の声
労務問題・助成金申請全てお任せできるので、
本来の業務に専念することができました。
とくなが耳鼻咽喉科
徳永 祐子様
徳永様、本日はお忙しい中お時間いただきましてありがとうございます。宜しくお願いいたします!
まずは、貴院のお仕事内容について、教えていただけますでしょうか?
東京都文京区で耳鼻咽喉科を開業しており、扁桃膿栓の治療にも対応しています。扁桃膿栓とは、扁桃腺(へんとうせん)の中にある白いカスのようなもので、口臭の原因となるといわれています。当院では、膿栓を除去する設備を整えており、膿栓治療ではちょっと有名なようです。
そうなのですね!特別な治療もできるというのはすごく需要がありそうですね。
今回ご依頼いただく前には、どのようなことに困っていらっしゃったのでしょうか?
新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で、休業補償をするとなった際に、スタッフとの間でトラブルになることがあり、弁護士の先生より、労使問題に詳しい社労士の先生ということで、飯塚先生をご紹介いただきました。
ご紹介・ご依頼いただきましたことで、解決したことなどはございましたか?具体的に教えていただけますでしょうか?
雇用調整助成金を申請しようとした時に、当初就業規則が必要ということをお聞きしました。就業規則は特別決まったものがなく、他院の先生よりいただいたものを作り変えて提出をしていました。弁護士先生に見ていただいたときに、法律的におかしいところはないが、実用面での穴がたくさんあるとのご指摘がありました。飯塚先生に見ていただき、きちんとした就業規則ができたので良かったです。
また、助成金の申請についても、業務をしながらの手続きはわからないことも多く大変なので、その複雑な手続きや書類提出を全てサポートしていただいたので、大変助かりました。
その他にも社員の入退社手続きの代理やアドバイスもしていただいて非常に助かっております。
飯塚も何度か貴院にお伺いし、スタッフの方々との話し合いに立ち会いもされていたようですが、、
スタッフとトラブルになった際、今はネットからの情報が溢れているので、スタッフ自身も自分たちの都合のいいように解釈してしまい、主張をされるということがありました。そこで、飯塚先生に間に入っていただけたことで、スタッフにも納得できるようにご説明していただき、改善の方向に向かうことができています。
同じようなことで困っていらっしゃる方へのメッセージなどがあれば、ぜひ、お願いいたします!
スタッフとのトラブルで、直接スタッフとやりとりを行うと、私たちも法律の素人なので、わからないことが多かったり、間違ったことを言って余計にトラブルが増えてしまうこともあり、安易なことは言えない状況でした。またこれまで前任の社労士が加入手続きを怠っていたことが判明して、失業保険の問題が浮上した際もどのように対応すればいいかわからなくなってしまいました。
そこで労使関係に関しては「全て飯塚先生を通してくれ」ということをスタッフに伝え、飯塚先生が間に入っていただけたことでトラブルに関しては全てお任せすることができ、助成金申請も合わせてしていただくことができたため、私たちは本来の仕事の治療に専念することができました。その意味でも社労士の先生にお手伝いいただくことはとてもお勧めしたいと思っています。
お問い合わせ
Contact
お電話でのお問い合わせ
営業時間 9:00~17:00 ( 休業日 土・日・祝日 )